住宅の不安をまとめて解決してくれる住まいる共済

全労済の住まいる共済

全労済の住まいる共済は、住宅全般の不安に対応してくれる、魅力が豊富で高く評価されているサービスです。

一般的な保険と比べて、共済は補償の内容に関する違いが大きく、サポート面に不安があるのでは、という懸念が生じがちです。

共済と保険の違いは気になるでしょうが、両方共に安心感を与えてくれるのが共通点で、似ている部分も少なくありません。

しかし、サービスの成り立ちや性格の違いはありますから、加入を決める前に違いを把握したり、比較検討できるように理解を深めることが重要です。

共済は掛け金が手頃で加入しやすいものですが、それに対する補償はとても手厚く、同時に広範囲の災害にも対応できるので頼りになります。

従来の住宅保険は、火災の対応が中心で他の災害は補償が手薄、といったことが少なくありませんでした。

その点、住まいる共済は火災の対応を始めとして、台風の強風による被害や水害、そして地震もカバーしてくれます。

自然災害のリスクは年々増加しているので、もうこれまでの保険で対応するのは難しくなっていたり、加入の見直が必要になっていることもあります。

住宅の安心を得たいのであれば、加入しやすく続けやすいサービスを選び、無理なくサポートを受けることが大切です。

住まいる共済のカバー力

住まいる共済のカバー力は、降雪に落雷や台風と地震にまで及び、小さな被害にも共済に共通する安心感が行き渡ります。

また、火災の発生時は、再取得価格で補償してくれますから、家財や古くなった住宅でも安心感が得られます。

サービスの魅力を客観的に知りたい場合は、やはり実際に加入した人の口コミを参考にするのがベストでしょう。

火災保険の見直しをした人によると、共済の加入で掛け金は半分になり、家財や個人賠償と借家人賠償が付いていているので、負担が減っても補償の内容は従来と全く変わらないと評価されています。

加えて、加入は手間なく非常に簡単で、これなら高齢者や忙しい人にもおすすめできると太鼓判です。

自然災害の補償内容が分からなかった人は、理解しやすい説明を受けることができて、自信を持ち納得してから加入できたと満足しています。

住まいる共済はお互いの助け合いから生まれているので、組合員がサービスを詳しく理解していたり、分かりやすい説明が受けられるのにも頷けるはずです。

マイホームを購入して加入を決めた人によれば、火災保険と地震保険はどちらも掛け金が安く、特に風水害の補償は手厚くて価値があると評判です。

地震の補償はやや薄いと評価されていますが、この不満は一緒に加入するプランとの組み合わせや、口数の増加で解決することができます。

加入から7、8年が経過している女性は、過去に2度の請求を経験していて、2回とも迅速な対応を受けられたことに好印象を抱いています。

被害に遭って不安だった時も、共済は直ぐに請求内容に応じたことから、加入しておいて良かったと結論付けられます。

このように、住まいる共済は加入している当事者からの評判が良く、加入に値する検討の余地があると理解することが可能です。

(参考)
「住まいる共済」に関連する情報

月々4千円程度の負担で済む

具体的な掛け金は、補償の対象となる住宅によりますが、例えば70平米の戸建てでも月々4千円程度の負担で済みます。

1年毎の契約なので、毎年見直す必要があるのは短所ですが、見方を変えれば、毎年契約を更新できることが利点とも捉えられます。

マンションの場合はもっと安く、月々2500円未満の負担だけで、広範囲の災害に対応してくれる補償が受けられます。

こちらも1年契約ですが、長期契約とは違って見直しの自由度が高めですから、転勤や引越しが多い人でも安心です。

保険との最大の違いは何と言っても、最小限のプランにも風水害が含まれていて、基本からして充実している点にあります。

住まいる共済では更に、プランを追加して補償を厚くできますから、安心に安心を重ねて住宅の不安を吹き飛ばすことができるでしょう。

一方では、適用の条件が明確で理解しやすい、そういった特約が用意されているのも魅力的です。

借家人賠償責任特約では、賃貸で貸主に負った賠償額が最高4千万円までカバーされます。

個人賠償責任特約は、第三者に負った賠償費を何と1億円まで補償してくれるので、保険と比べても遜色のない手厚さだと分かります。

自宅からの出火で近隣の所有物に損害を発生させた場合は、例え相手方の火災保険で対応できないケースであっても、最高で1億円まで不足分が補償されます。

これも基本プランに含まれる類焼損害特約ですから、費用対効果や安心感の違いに差を付けています。

どさくさに紛れた盗難は、残念ながら災害の被害時にも発生することがあって、泣きっ面に蜂と表現できる事態が起こるものです。

盗難補償特約は、300万円までという補償内容ではありますが、盗難の発生で感じる不安を和らげてくれます。

勿論、災害時には他の補償内容や特約と合わせて、複数の補償が適用される可能性が十分にあります。

共済金が支払われる補償は基本的なものだけでも10項目ありますから、広範囲をカバーしてくれて手厚い補償が受けられる特徴まさに、共済ならではです。