ワキの黒ずみが気になる時の解消法

ワキの黒ずみが気になっている場合には、まずはムダ毛処理方法を見直さなければなりません。

除毛でも肌に安全というわけではなく、角質を削り取ることでメラニン色素を増やしている可能性があります。

角質が適度にあることでバリア機能の役割を担っているのですが、ムダ毛を剃ると薄くなってしまいます。

メラニン色素は肌を守ろうとして生成されるものですので、一時的弱まっている時には過剰に生成されやすくなっています。

脱毛にも同じことがいえるのですが、再生する方法で何度も処理を行うとダメージが蓄積されて黒ずみの原因になります。

安全にムダ毛処理を行いたい時には、再生してこない方法で処理を行うのが一番です。

 

エステの脱毛がやはり安全

エステサロンやクリニックで光脱毛やレーザー脱毛を行うことでムダ毛の再生組織にダメージを与えることができますので、ムダ毛処理による色素沈着のトラブルを回避できるようになります。

また、光脱毛には肌細胞の働きを活性化させてトラブルを改善するような働きもありますので、色素沈着している部分を薄くしていくことも可能です。

何度も受けると効果はアップします。

 

衣類との摩擦が黒ずみの原因になる

ワキは下着や衣服との摩擦にも注意が必要です。

肌に密着するようなものを身につけることが多い場合、素材によっては摩擦が大きくなって色素沈着のリスクが高くなります。

肌に優しい素材のものを選んで身につけるようにしたり、密着度の少ないものを選ぶことである程度は解消できる問題ですので、下着や衣服の選び方に気をつけることが大切です。

汗をかいた時に蒸れるようなものもNGですので、通気性の良い素材にすることも忘れてはいけません。

 

ターンオーバーの周期について

他にも、肌のターンオーバーが乱れていて、いつまでも古い細胞が留まってしまうことがあります。

年齢と共に肌細胞の働きは低下していくものですが、同じ年齢であっても白くて美しい状態の人とくすみや色素沈着が目立つ人とがいます。

この違いには肌細胞の生まれ変わりのスピードが深く関係しており、ターンオーバーの周期が長くなるとトラブルが増えてきます。

肌細胞の働きを低下させる要因としては、お手入れ不足で肌バランスが悪くなったり体の内側からコンディションが乱れていることが考えられます。

内側からの要因としては、寝不足や冷え症、栄養バランスの悪さが影響を与えている可能性もあります。

生活習慣の面はできるだけ健康に良いとされる状態に整えていき、冷え症なども積極的に改善することが大切です。

 

セラミドやコラーゲンなどで肌を保湿する

黒ずみをを治したい時には、肌中の水分と油分のバランスを整えなければなりません。

それには保湿効果に優れた成分を取り入れる必要がありますので、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などを上手く活用します。

これらの潤いを与えてくれる成分は元々肌中に存在するものであり肌につけても悪さをするようなことがありませんし、刺激もありませんので安心して利用することができます。

水分と油分のバランスが良くなると古い細胞の排出がスピードアップして新たな瑞々しい細胞がどんどん生成されます。

生まれ変わりが促進されるとトラブルを抱える細胞が一気に排出されてコンディションはどんどん改善されていきますので、潤いを与えるようなケアを行うのは必須です。

 

ビタミンC誘導体の美白効果

また、美白作用を持つ成分でアプローチする方法も有効です。

美白作用ではビタミンC誘導体がおすすめです。

美白成分が持つ作用としては、肌中で生成されたメラニンを排出させて現在現れている色素沈着を改善していくものと、肌中でこれからメラニンが生成されないように抑制していくものがあります。

ビタミンC誘導体はこのどちらも兼ね備えた成分であり、非常に優秀です。

浸透率も良いので、効率の良いケアを行えます。

※詳しくはワキ 黒ずみ 治すで!

 

 

[PR] 横浜インプラント